香川県中学校体育連盟剣道競技部

部会長 港 育広(土庄町立土庄中学校 校長)

   令和2年度、香川県中体連剣道競技部の役員は、部会長:港 育広(土庄中校長)、副部会長:松本邦利(高松第一中教頭)、競技部長:諏訪恵美(協和中)、副部長:西山和輝(満濃中)、山崎史暁(大川中)となりました。全力で香川県中学校剣道の発展のために取り組みますので、香川県剣道連盟の諸先生方をはじめ関係の皆様の、温かいご理解とご協力を本年度もよろしくお願いいたします。

 

 さて現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために、剣道競技においては通常の稽古ができない状況です。誰もが、不安とストレスを抱えて生活していると思います。こういう非常時にどのような行動がとれるかが、人の値打ちだと思います。剣道人だからこそ「忍」の心をもって「ピンチをチャンスと捉え」、今できる稽古をやっていきましょう。

 

 特に3年生にとっては多くの大会が中止となり、目標を失った状態ではないかと思いますが、君たちがこの厳しい状況で取り組む姿が、後輩たちに大きく受け継がれていくはずです。是非後輩のためにも、最後まで懸命に取り組む姿を見せてあげてください。また、その取組が、今後生きていく上での、大いなる糧となると信じて取り組んでください。

 

 

 

 本年度の目標及び方針は、昨年度に引き続き次の3つとします。

 

 

 

1「剣道を通じて、人づくりをする」

 

 ・人間性を高める・・・中学生としての正しい生活の習慣化

 

2「剣道のすばらしさを伝え、多くの中学生が剣道を志し、長く続けることができる剣道指導を行う」

 

 ・正しい剣道の稽古に励む・・・礼儀を重んじて相手を思いやる心と、稽古に一生懸命に取り組む素直な心

 

3「香川県から全国制覇を成し遂げる中学生を育てる」

 

 ・厳しい稽古に励む・・・目標を高くもち、自ら強い心と体と技を身に付けようとする取組

 

 

 

以上3点の目標及び方針を掲げ、私たちは香川県の中学生の剣道指導に取り組んで参ります。

 

 

 

 本年度の事業といたしましては、地区・県総合体育大会(四国・全国大会予選 7月→中止)、地区・県新人体育大会(四国新人大会予選 10・11月)の開催と、県剣道連盟主催の強化大会(6月→中止・1月)の運営、そして近府県から多くの中学校に参加いただいている四国中学校剣道錬成大会(3月)の開催等を行う予定です。

 厳しい状況ではありますが、本競技部員が一致団結して香川県中学校剣道を充実させていきたいと考えています。香川県剣道連盟の諸先生方をはじめ関係の皆様に、今後、より一層のご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、挨拶とさせていただきます。

(令和2年5月19日更新)